2016年3月の例会報告

日時 3月20日(第3日曜日)
会場 草津市立まちづくりセンター(309号室)
電話番号077‐562‐9240

研修時間  9時40分から16時55分まで
研修内容
9:40  出席者点呼・会務報告
10:00 素問輪読(1) 進行 岸田先生
10:50 休憩
11:00 基礎講義「第2章蔵象論 第2項 心小腸の生理と病理 2.小腸の生理、3.心・小腸に関する病理 」発表:野間先生 司会:山森先生

12:00 昼食

<研修班>13:00~16:40
13:00 奇経治療
13:30 脈診修練
14:00 基本刺鍼
14:30 小里方式(前半)
15:30 休憩
15:40 小里方式(後半)
16:40 反省会
朝の挨拶
今月の挨拶は、小林先生でした。
まず今日は春分の日であり季節の変わり目という事から今漢方鍼医会で取り組んでいる時邪の治療についての話から始まりました。
それから何人かの先生方の例を挙げながら治療をする方法には色々ある事、その色んな治療方法を学ぶ事は簡単ではない
が患者さんの症状が良くなって喜んで頂ける様になる事は何物にも代え難い喜びがあると話されました。
その為に今日も皆で学んで行きましょうと呼びかけられました。

朝の挨拶 2016年3月

朝の挨拶 2016年3月

続いて素問輪読(1)として岸田先生が進行を担当されました。
テキストとして小曾戸丈夫先生新釈の素問を使用し、会場にいる先生方で上古天真論篇第一を輪読しました。
質問を受け付けながら岸田先生が解説されました。

素問輪読 2016年3月

素問輪読 2016年3月

基礎講座

今月は私野間が担当しました。心と小腸がテーマで苦味と心の関係や心の熱と小腸の病症、
小腸の漢方薬の紹介等を話しました。
その後フロアの先生方に小腸、小腸経に関する臨床経験を話して頂き講座を終了しました。

基礎講義 2016年3月

基礎講義 2016年3月

実 技
今月は、岸田先生が聴講班を、他は基礎班、研修班の区別なく合同で3班に分かれて二木先生、
山森先生、小林先生が指導されました。

はじめに、奇経治療を研修しました。奇経腹診や八総穴の硬結のなどで奇経の組み合わせを見つけ、
マグネキングを用いて変化が出ることを確認しました。

その後は、脈診修練、刺鍼練習、小里方式のモデル治療を行い終了しました。
実技では”自然体の姿勢”で治療する事がどれ程大切で治療効果も違うのかを実感出来ました。

実技風景2016年3月

実技風景2016年3月

指導者研修会
例会終了後、有志で脈診の勉強会と今最もホットな時邪についての考察と実技指導
を二木先生にして頂きました。
最後まで学びの多い例会であったと思います。

2月の例会報告

日時 2月21日(第3日曜日)
会場 草津市立まちづくりセンター(309号室)
電話番号077‐562‐9240
研修時間  9時40分から16時55分まで
9:40 出席者点呼・会務報告

10:00 難経読み合わせ 第57回 八十一難とまとめ 発表:岸田先生 司会:野間先生
10:50 休憩
11:00 基礎講義「第2章蔵象論 第2項 心小腸の生理と病理 1.心の生理
発表:中谷美紀先生 司会:岸田先生

12:00 昼食

<研修班>13:00~16:40
13:00 奇経治療
13:30 脈診修練
14:00 基本刺鍼
14:30 小里方式(前半)
15:30 休憩
15:40 小里方式(後半)
16:40 反省会
17:00 例会終了

朝の挨拶
今月の挨拶は、二木先生でした。
はじめに愛知漢方鍼医会の渡部恵子先生がご逝去されたことを報告され、会員一同、黙祷を捧げご冥福をお祈りしました。
その後、故人との出会いや思い出話を話されました。

朝の挨拶2016年2月

朝の挨拶2016年2月

難経読み合わせ
今月は最後の八十一難と難経のまとめを私、岸田が発表しました。

八十一難は治療原則について書かれた難でした。原則として虚のところに瀉法を施してはならない、実のところに補法を施してはならないということを、肺と肝の臓を例に挙げて説明していました。それぞれの例を、証では何に該当するか、実際の臨床例も挙げて説明をしました。

難経のまとめは、難経の成立年代と著者とされている扁鵲について書かれた史記の『扁鵲倉公列伝』のエピソードを紹介しました。

難経読み合わせ2016年2月

難経読み合わせ2016年2月

基礎講義
今月は中谷美紀先生が発表されました。
テキストに基づき、うつ病患者の特徴やご自身が経験された治験例をお話しされました。笑いを誘う話も交えながら、楽しく講義が進められました。

基礎講義2016年2月

基礎講義2016年2月

午後の実技は、基礎班、研修班の区別なく合同で4班に分かれて行いました。
はじめに、奇経治療を研修しました。奇経治療は奇経腹診や八総穴の硬結の確認などで病んでいる奇経の組み合わせをみつけ、マグネキングを用いて変化が出ることを確認しました。

その後は、脈診修練、刺鍼練習、小里方式のモデル治療を行い終了しました。

実技風景2016年2月

実技風景2016年2月

例会終了後の指導者研修会では、脈診講義の予定を変更し、二木先生が検討されている治療について検証をしました。

詳しい講義内容については録音を販売しておりますので、ご利用ください。